無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-294-293

営業時間:平日 8:30~17:30 (予約電話)

相続財産が不動産のみで、売却して現金を分割したケース

相談時の状況(資産状況、お客様、相談内容)

不動産のみ

既に父親は亡くなっており、相続人は相談者様のほかに弟と妹の3人です。

相談者の母が亡くなり相続となったため、遺産分割と不動産名義の変更のご相談に来られました。

解決状況や提案内容

まずは遺産分割協議書を作成する必要があるのですが、3人とも自宅を所有しており不動産は不要とのことでしたので、換価分割という遺産分割を提案しました。

また、相談者以外の相続人は遠方にお住いだったため、売却の時のことを考え相談者の名義にされることをお勧めしました。換価分割すれば相談者の名義にしたとしても不動産を売却して現金を分けても贈与税の問題が発生しないため、不動産を換価分割する旨の遺産分割協議書を作成しました。

また、相談者は不動産会社のお知り会いもいらっしゃらなかったので、弊所で不動産会社の紹介もさせて頂きました。

お客様の声

トラブルも無く、無事に遺産分割協議書、不動産売却が完了しました。

ありがとうございました。

PAGETOP