無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-294-293

営業時間:平日 8:30~17:30 (予約電話)

会ったことがない相続人との遺産分割協議を避ける為の遺言書

相談時の状況(資産状況、お客様、相談内容)

相談者はご自身が亡くなられた後のことをご心配されて相談にいらっしゃいました。

相談者には子供がおらず、配偶者である夫も既に亡くなられており相続人は妹、亡くなった兄の子供(甥、姪)の3人です。

妹は幼少の頃に養子に出ており何年も会っておらず何処に住んでいるのかも分かりません。もちろん甥姪もその妹のことは何も知りません。

また、相談者は現在甥の近所に住んでおり、甥が身の回りの世話をしている状況でした。

 

解決状況や提案内容

相談者は自分の死後、財産は甥姪の2人だけに相続してほしいというご希望でした。

特に普段から身の回りの世話をしてくれている甥に、なるべく多く残してあげたいとのことでした。

甥姪へ相続させる旨の遺言書を作成すればそのように相続されるのですが、もし万が一、相談者よりも甥姪が先に亡くなった場合のことも考えなければなりませんでした。
先に甥姪が亡くなってしまうと財産は会ったこともない妹と遺産分割協議をしなければなりません。
そのような場合には通常手続きがなかなか進まないので、甥が先に亡くなった場合には姪が、姪が先に亡くなった場合には甥がすべて相続するように補充的な遺言も遺すよう提案をしました。

また、姪よりも甥の方が多く相続する理由として、付言事項になぜそのような相続にしたのか、親族への感謝の気持ちも遺すように提案しました。

 

お客様の声

公証役場に行き公正証書遺言を作成しました。

作成するまではずっと私が亡くなった後のこと心配していましたが、補充的な遺言も遺すようにしたのでとても安心しました。本当にありがとうございました。

PAGETOP