無料相談受付中
お気軽にお電話ください

電話0120-294-293

営業時間:平日 8:30~17:30 (予約電話)

一つ前の世代の相続登記が終了していないケース

相談時の状況(資産状況、お客様、相談内容)

不動産

相続人は相談者のほかに弟の家族、妹の2人です。

不動産の名義は亡くなられた相談者の夫の父の名義のままになっておりました。

併せて相続人の中に成年被後見人の方がいらっしゃったので、どのように手続きを進めたら良いか悩んでおられました。

 

解決状況や提案内容

成年後見の制度上、成年被後見人の財産が減少するような遺産分割協議書は認められません。

そのため相続人の中に成年被後見人がいるため、成年被後見人の方には代償金を支払って遺産分割協議に応じて頂くように提案しました。

成年被後見人の方は同意してもらいましたが、家庭裁判所には代償金の計算資料となる相続関係説明図、課税明細書のほかに査定書の提出を求められ、提携している不動産会社に査定を依頼しました。

結果的には最初に提案した金額の代償金を支払うことで遺産分割協議をすることができました

相続人の中に成年被後見人がいる場合、遺産分割協議を進めることが難しいケースが多々あります。

お客様の声

成年被後見人がいることで遺産分割協議が進めることが難しいことを教えていただきどのようになるか心配でしたが、おかげさまで無事に遺産分割協議が進み相続手続きまで終えることができました。

本当にありがとうございました。

PAGETOP